貸金業界の多重債務者が水面下で「ヤミ金」へ大量流入

先月、金融庁は政府の「多重債務者対策本部有識者会議」に、このように報告した。約171万人と目されていた多重債務者が118万人と、53万人も減ったというのだ。堂下浩・東京情報大学准教授の調査によると、貸金業者大手7社の貸出残高も、確かにこの2年で2兆円近くも減少している。

金融庁は、上限金利の引き下げや債務者1人当たりへの貸出総額を規制する「総量規制」の導入などを盛り込んだ法改正の成果だと胸を張るが、はたして多重債務者は本当に減ったのか――。

貸金業界関係者は口を揃えて「単なる数字のまやかしだ」と主張する。
第1に、金融庁は貸金業者が顧客情報を集約している「全国信用情報センター連合会(全情連)」のデータを基に多重債務者数を割り出している。

Yahooニュースで続きを読む・・・http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080609-00000000-dol-bus_all

▲金融関連ニュース一覧ページへ戻る